問題は知識ではない!? 〜その1<現状>〜

カテゴリー 受講プログラム
投稿日:

この「受講プログラム」カテゴリでは、わたしたちYAMASA言語文化研究所が行う海外人材研修プログラム、通称「海プロ(カイプロ)」の詳細をご案内させていただきます。このページをご覧になる皆さまが抱えているお悩みごと解決の一助になればと思い、お客さまのお悩みを細かく分けてご紹介していきます。そして、本プログラムを受講されたお客様に、どのような変化があったかをお伝えしていきたいと思います。

さて、このページをご覧のお客様に少しでも分かりやすくお読みいただけるよう、

現状(お悩みの紹介)→問題の顕在化→気づきのプログラム→変化

このような順で展開させていただきたいと思います。それではさっそく第1回をご紹介しましょう。第1回は、「日本語の知識があるからといって周りとうまくやっていける訳ではない」という事例について。わたしたちのプログラムのベースとなる考えでもあるこちらをご紹介します。

受講生情報(Sさん)

国籍        :中国

日本語レベル    :日本語で日本の政治システムの話を好んでお話できる。

日本での実務経験  :なし

ご担当者からのご相談:日本語の知識はあるのだが、コミュニケーションが上手にとれない。具体的な語彙力の向上や日本語のレベルアップではなく、日本人と一緒に仕事ができるようにしてほしい。

<現状>流暢な日本語、もっと日本語を使った深い話がしたい。

中国から日本語がとっても上手な方が受講に来る。そう聞いたのは、研修開始の1週間前。どうやら、すでに中国の日系企業で働いた経験があり、日常会話はまったく困らないレベルとのこと。日本語を使って日本の政治のシステムは…といった難しい話もされるほどでした。通常、それだけの日本語力を持っている方の場合、あとはご自身で日本語の本を読んで文法を勉強したり、実際に日本人と話して語彙を増やしていったりされています。お仕事でさらに上の日本語レベルを求められる場合は、専門書をテキストとして進めることもありますが、今回のゴールは文法や語彙を詰め込むことではありません。それでも、会社のご担当者に「レベルアップしてきてください」と言われて受講に来られたのです。このSさんのように、日本語はバリバリ!仕事もバリバリ!のはずなのに、どういうわけか活躍できずにいらっしゃる方は少なくありません。

では、なぜ?

実は、この手のお悩みが非常に多く弊社に寄せられてきます。弊社が長年、日本語教育機関を運営しているから?一部では確かにそうかもしれませんが、それが全てではありません。それではなぜでしょう?その答えは簡単で、非常に多くの企業様が抱える今回のようなお困りごとの解決をお手伝いすることが、我々のミッションだからなのです。

というわけでSさんは、会社から「レベルアップしてきてください」と言われ海プロを受講。ご本人はいたって真剣で、会社からの指示を誠実に受け止めます。限られた時間内でもっと難しい文法を覚えて、もっと日本語を上手に話せるようになろう!もっと上手になって会社で活躍して認めてもらおう!とモチベーションも非常に高い。そんなSさん、研修受講中にトラブル発生!?その様子は次章でお届けします。お楽しみに!

最新ニュース

相手を思いやる話し方とは? ~その3〈気づきのプログラム〉

投稿日:

相手を思いやるってどういうこと? 前章までのところでは、日常的には何の問題もなく、日本語の勉強も意欲的にこなすお二人ですが、時としてそのストレートすぎる表現で相手を、特に日本人をチクリとやってしまうこ … “相手を思いやる話し方とは? ~その3〈気づきのプログラム〉” の続きを読む

相手を思いやる話し方とは? ~その2〈問題の顕在化〉

投稿日:

<問題の顕在化>直接的な表現はいいのか悪いのか。  前章では、相手と議論することが大好きなお二人が、我々日本人と軋轢を生む素地を持っているということをお伝えしました。本章ではそんなお二人が … “相手を思いやる話し方とは? ~その2〈問題の顕在化〉” の続きを読む

相手を思いやる話し方とは? ~その1〈現状〉

投稿日:

前回は「日本語の知識があるからといって周りとうまくやっていけるわけではない」という事例についてみていきました。さて第2回では「悪気はないのに嫌な印象を与えてしまう」という事例についてご紹介します。  … “相手を思いやる話し方とは? ~その1〈現状〉” の続きを読む

問題は知識ではない!? 〜その3<気づきのプログラム>〜

投稿日:

<気づきのプログラム>Sさんを変えた「気づきのスイッチ」とは? さて今回は問題を抱えながらも、ご自身ではそれに気づかずに海プロにやってきたSさんが、どのようにしてそれを乗り越え変わることができたのかに … “問題は知識ではない!? 〜その3<気づきのプログラム>〜” の続きを読む