相手を思いやる話し方とは? ~その1〈現状〉

カテゴリー 受講プログラム
投稿日:

前回は「日本語の知識があるからといって周りとうまくやっていけるわけではない」という事例についてみていきました。さて第2回では「悪気はないのに嫌な印象を与えてしまう」という事例についてご紹介します。 

 

受講生情報(S2さんRさん 

国籍:中国 

日本語レベル:日常生活の会話では特に困らない。ディベートが好き。 

日本での実務経験:なし(中国での実務経験あり) 

 

<現状>自分の意見をしっかり話せる。相手とどんどん議論したい 

さて今回のS2さんとRさんの抱えるお悩みは、これもまた前回のSさんと同様に、よくあるケースのひとつです。ご自身では全く悪気は無く、会話を楽しんでいるのに、なんだかケンカ腰に感じて相手をカチンとさせてしまうということです。これを読んでいるみなさまも一度は目の当たりにされたことがあるかと思いますが、話している二人が何やら言い争っているように感じたことはありませんか。ご本人たちはいたって普通で、ケンカしているわけでも何でもないのですが、そんな印象を与えてしまいます。今回ご紹介するお二人も議論が大好きで、白熱してくると語気が強くなり、ともすると「やや乱暴」な印象を与えてしまいがちでした。そうして我々講師に対しても同じ語調でせまってくるのです。次章ではそんなお二人の具体的な様子をお伝えしていきます。お楽しみに。

最新ニュース

相手を思いやる話し方とは? ~その3〈気づきのプログラム〉

投稿日:

相手を思いやるってどういうこと? 前章までのところでは、日常的には何の問題もなく、日本語の勉強も意欲的にこなすお二人ですが、時としてそのストレートすぎる表現で相手を、特に日本人をチクリとやってしまうこ … “相手を思いやる話し方とは? ~その3〈気づきのプログラム〉” の続きを読む

相手を思いやる話し方とは? ~その2〈問題の顕在化〉

投稿日:

<問題の顕在化>直接的な表現はいいのか悪いのか。  前章では、相手と議論することが大好きなお二人が、我々日本人と軋轢を生む素地を持っているということをお伝えしました。本章ではそんなお二人が … “相手を思いやる話し方とは? ~その2〈問題の顕在化〉” の続きを読む

相手を思いやる話し方とは? ~その1〈現状〉

投稿日:

前回は「日本語の知識があるからといって周りとうまくやっていけるわけではない」という事例についてみていきました。さて第2回では「悪気はないのに嫌な印象を与えてしまう」という事例についてご紹介します。  … “相手を思いやる話し方とは? ~その1〈現状〉” の続きを読む

問題は知識ではない!? 〜その3<気づきのプログラム>〜

投稿日:

<気づきのプログラム>Sさんを変えた「気づきのスイッチ」とは? さて今回は問題を抱えながらも、ご自身ではそれに気づかずに海プロにやってきたSさんが、どのようにしてそれを乗り越え変わることができたのかに … “問題は知識ではない!? 〜その3<気づきのプログラム>〜” の続きを読む